Home » Kineyaの食育活動

Kineyaの食育活動


「食育」を通して、伊賀の食をよりよいものに…

きねやは地域のより良い食を目指して「食育」に取り組んでいます。
大人・子どもを問わず、「食」に対する興味や関心を持っていただき、食生活を大切にされる人が、ひとりでも多くなるよう願っています。

食育マイスターの「食育コラム」はコチラ。

食育実習のお申込み等、食育に関するお問い合わせはコチラ。

コンセプトは、食を「知る」こと。「大切にする」こと。「楽しむ」こと。 

食べものを知る

旬の食材が何なのか、産地はどこか、安心で安全な食べものはどんなものか、何の食材がどんなふうにカラダに良いのかなどを知りましょう。毎日の食生活を楽しくするヒント、健康に役立つヒントがたくさんあります。

また、さまざまな伝統行事とそれにちなんだ食を知ることで、地元をはじめ日本の食の歳時記や文化に触れることもできます。

 

食べものを大切にする

食べものを無駄に捨てたり、食べ残しをするなんてモッタイナイ。

実は、世界で一番食べものを捨てている国が日本だと言われています。
まずは、自分の食べる適量を知って残さないこと。

食べものを大切にする気持ちを持って、地球上の限られた食に感謝しましょう。

 

食べることを楽しむ

食を楽しもうとする気持ちがあるだけで、「人生」はもっと豊かになると思います。

新しい味に挑戦してみたり、ひと手間かけて料理を作ることも、「食」を楽しむきっかけになります。素材選びや盛り付け、自分の好きなように自由に楽しんでみましょう。

また、お食事タイムは大切なコミュニケーションの場。食事が楽しいと食習慣やマナーも自然に身につくもの。「いただきます」や「ごちそうさま」のあいさつも忘れずに。

 

食育実習のお申込み等、食育活動に関するお問い合わせはコチラ。